忍者ブログ
お金を貯めつつカーライフを楽しみたい。相棒は極めてマニアックな特別仕様車スイフトRS 5MT(DBA-ZC72S 1型)。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
プラグ交換を行うため、プラグを選びたいと思います。

スイフト純正プラグはDENSO IRIDIUM TOUGH/PLUS ZXU20PR11です。

純正品番:09482-00602

NGK製品を使用する場合は、NGK SPARK PLUG IKR6G11になります。

純正品番:09482-00603
市販品ではNGKイリジウムMAXに該当するそうです。

スズキディーラーで値段を聞いた方の話によれば、NGKの方が安いということでした。
プラグ交換を考えている場合は、DENSOとNGKのどちらにするか聞いてみると良いかもしれません。
もうすぐ母の日ですね

プリザーブドフラワー
前回、夏タイヤの検討を行いました。
その結果、Playz PX-Cを購入しました。


PSタイヤ開発第5部の山口渉部長が「とにかく接地性にこだわり、ステアリング応答をよくした」と言っているようなので、求めているハンドリング性能に合致していると思い購入することにしました。
外部リンク:ブリヂストン 新ブランド「Playz PXシリーズ」試乗レポート 「疲れにくい」がコンセプトでハイレベルのハンドリングを実現

ブリヂストンタイヤの位置付け
 スポーツはポテンザ
 プレミアムはレグノ
 スタンダードはエコピア
 エコピアに疲れにくさを追加したのがプレイズ
 ベーシックはネクストリー

見積もり
Playz PX-Cの価格比較
メーカー希望小売価格22,032円(4本で88,128円)
正規取扱い某T店で交換の見積もりをすると85,000円
某B店では79,800円
ネットでタイヤだけ購入すると56,000円+組み換え工賃10,000円以下

某B店はタイヤ半額という広告を出していますが、ブランド指定買いをしようとすると取り寄せになり半額にはなりませんでした。
指定買いをするときはネットが安いですね。

購入したタイヤの製造年週は1117
2017年3月13日~19日の間に製造されており、1か月前に製造されたばかりのとても新しいものでした。


ちなみに、これまで使っていたタイヤの覚書。
製造年週2412。2012年6月11日~17日。


1度サーキットを走行したので片減りしてます。


スイフトに積み込んでお店へ搬入し、作業時間1時間で組み換え終了です。


サマータイヤの準備ができたのでスタッドレスから交換しました。

Playz PX-Cを評価すると、ドライでもウエットでもしっかりとしたグリップ力があり、ふらつきが少なく直進安定性が優れているが、コーナーではアンダー気味で静粛性に欠けるようなタイヤでした。

一般道を走行した感想として、まっすぐ走ろうとする傾向があり、コーナーではアンダー気味になる感じがします。よく言えばFF車らしい挙動になりました。
高速道路を走行すると疲れにくさを実感します。まっすぐ走ろうとするので、ふらつきが減っているのだと思います。

雨天時の一般道もしっかりと止まることができたので安心して走行できました。雨天時の高速道路はまだ走行していません。

静粛性は路面によって影響を受ける感じです。
きれいな路面では静かですが、荒れた路面ではうるさくなります。
多少荒れた路面ではタイヤと共鳴してしまっているようで、うるさくなるので静粛性は低いと感じるかもしれません。

純正のトランザに比べると乗り心地は軟らかめに感じます。段差などの突き上げ感がマイルドになりました。

燃費に関しては変化を感じません。
これまで16km/L前後で安定していました。タイヤを交換した後も同等で良くなったり悪くなったりしていません。
燃費のいいタイヤを購入したい人には合わないと思います。

昨年のゴールデンウィークは「タイヤのパンク」によりJAFの出動が多かったようです。高速道路に乗る前にはタイヤの確認を行いましょう。
納車してから、5年目を迎えようとしています。
走行距離も7万キロとなり折り返し地点になりました。

スリップサインはまだ出ていません。
物差しで大体の深さを測ると3.5~4mmくらいと5分山です。

そろそろ交換して、リフレッシュを行いたいと思います。
リフレッシュ第一弾として、夏タイヤの交換から始めます。

スイフトRSの純正タイヤはTURANZA(トランザ)です。

サイズは185/55R16です。
同じサイズで探してみました。

●アジアンタイヤ、オールシーズンタイヤ、入手性の悪いタイヤ
N'FERA SU1
RX-615
R330
ENERGY SAVER
HF805
Corsa
LS288
FORMOZA AZ01
ECO-2
CINTURATO P1 VERDE
ECSTA HS51
CINTURATO ALL SEASON

スイフトRSは標準のスイフトに比べ、タイヤの素材を変更し操舵に対する反応を機敏にしているので交換後のタイヤがアジアンタイヤになるのは不安です。

そこで、性能が見合っていそうなタイヤを下にまとめました。

●購入を検討する価値のあるタイヤ
ECOS ES31 転がり抵抗係数A ウエットグリップ性能c
エナセーブ EC203 転がり抵抗係数AA ウエットグリップ性能c
NANOENERGY 3 PLUS 転がり抵抗係数A ウエットグリップ性能b
NEXTRY 転がり抵抗係数A ウエットグリップ性能c
SINCERA SN832i 転がり抵抗係数A ウエットグリップ性能b
BluEarth AE-01 転がり抵抗係数AA ウエットグリップ性能c
BluEarth AE-01F 転がり抵抗係数AAA ウエットグリップ性能c
GT-Eco stage 転がり抵抗係数A ウエットグリップ性能c
DRB 転がり抵抗係数C ウエットグリップ性能c
Playz PX-C 転がり抵抗係数A ウエットグリップ性能b
ECOPIA PZ-XC 転がり抵抗係数AA ウエットグリップ性能c
LE MANS4 LM704 転がり抵抗係数AA ウエットグリップ性能b
エナセーブ PREMIUM 転がり抵抗係数AAA ウエットグリップ性能c
ECOPIA EX20C 転がり抵抗係数A ウエットグリップ性能b
EAGLE LS EXE 転がり抵抗係数A ウエットグリップ性能b
BluEarth-A AE50 転がり抵抗係数A ウエットグリップ性能b
ENERGY SAVER+ 転がり抵抗係数A ウエットグリップ性能b

ウエットグリップ性能が低いものや、ネット上の口コミやレビューを参考にして気になった4銘柄に絞ってみました。

●気になったタイヤをピックアップ
トーヨータイヤ DRB

良い点:とにかく安い。スポーツタイヤ。
悪い点:やわらかくぐにゃぐにゃ感じる。。

ブリヂストン Playz PX-C

良い点:パワーサイド構造を採用しふらつきを抑制し疲れにくい。
悪い点:値段が高い。

ダンロップ LE MANS4 LM704

良い点:特殊吸音スポンジ搭載し静粛性が高い。
悪い点:パンク修理が高額。

ミシュラン ENERGY SAVER+

良い点:ウエットでもしっかりグリップする。
悪い点:サイドウォールが柔らかめ。マイルドになる。

この中からよーく考えて選んでいきたいと思います。

純正サイズ185/55R16から195/50R16に変更してDNA S.driveという選択肢も気になりましたが、ヨコハマのホームページを見る限りなくなっていました。
カタログ落ちしたのかもしれません。
よんでんコンシェルジュに登録しても従量電灯Aでは使用量に応じたポイントは貯まらない。
おトクeプランに変更することで200円につき1ポイント貯まる。

従量電灯A
・口座振替割引54円
・電気ご使用量のお知らせ(紙の検針票)

おトクeプラン
・ありがとう割引
・クレジットカード払い
・検針結果やご請求額はメール

従量電灯Aではポイントが貯まらないので登録する価値はあまりなさそう。
最適料金メニューシミュレーションを使って、従来電灯Aからおトクeプランに変更すると我が家の場合、年間で900円くらい安くなり料金連動ポイント300ポイント貯まる見積もり。
外部リンク:四国電力 最適料金メニューシミュレーション

ポイントが貯まって安くなるなら変更しようかなーと、検討してみましたが割引率が0.1割とイマイチ良くない。
電気使用量がもっと増えればプラン変更を考えても良さそう。

新電力事業者の「坊ちゃん電力」も検討してみましたが、年間800円程度安くなるだけ。
四電のおトクeプランと同等。

とりあえず、プラン変更や電力会社変更は手間なので様子見します。
スイフト欧州仕様車を2017年4月より欧州各国で販売開始する。
外部リンク:スズキ、ジュネーブモーターショーで新型「スイフト」を発表



欧州仕様車の主要諸元
全長×全幅×全高:3,840mm × 1,735mm × 1,495mm(4WDは1,520mm)

国内スイフトHYBRID RSの主要諸元
全長×全幅×全高:3,840mm × 1,695mm × 1,500mm(4WDは1,525mm)

全幅と全高が違いますね。
欧州仕様車では全幅が広くなり5ナンバーサイズからはみ出しますね。

スイフトスポーツはまだ発売されていませんが、もしかすると欧州仕様車サイズをベースに作られるのでしょうか。
期待できます。

そうなると、5ナンバーの小型車だったスイフトが、3ナンバーの普通車になりますね。

ニッコリ笑顔のケーキポップに、「かわいい♪」とみんなも笑顔に。

上質な一枚革から生まれた日本製ブックカバー。シンプルなデザインなので長く使っても飽きがない。
モデルチェンジを行い新型スイフトとなりホームページで公開されました。
外部リンク:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/

エキサイティングコンパクト


スペシャルサイトでは内装等を360度見ることができます。
外部リンク:http://www.suzuki.co.jp/swift/

気に入ったところ
・フロントドア3段階オープンになった。
・内装がスポーティーになった。
・サイドブレーキやシフトの位置が従来通り。
・内装の照明が白と赤を基調としている。
・水温計、燃料計が針で残っている。
・トランクが大きくなった。
・リアフォグランプが付いた。
・車両重量が減った。
・ターボモデルもある。
・中央のエアコンの吹き出し口から空気が出ないように閉じることができる。(従来はできなかった)
・オプションのアクセサリーのフットランプはキーレスエントリーでドア解除で光るので、ウェルカムランプとして良さそう。
・キーの形がかっこよくなった。(オプションで様々な色が選べて面白い)
・オプションのフロアマットプルミエノワールにアルミプレートのロゴがついて高級感が増した。
・オプションではあるが、スペアタイヤが用意されている。
・ほとんどのグレードで前後ともディスクブレーキ採用。
・MTにもセーフティーパッケージが装備できる。
・ヘッドライトとポジションランプがLEDになり色合いが合うようになった。
・運転席シートヒーターが標準装備。
・メーター内の液晶に時計がついている。文字盤もハッキリしていて視認性に優れている。
・ハンドルがD型になりスポーツ感が増している。
・最小回転半径が従来の5.2mから4.8mに向上している。
・NAの場合、最大トルクが従来の4800回転から4400回転となり加速がしやすそう。
・5MTが新設計されており、1~4速が従来よりクロスになり加速性能が良くなっている。5速が最高速寄りに振られているため高速巡行での回転数が下がり静かに走れそう。(従来3000回転で100キロが新型では3000回転で110キロ)
・MTのシフトノブがかっこよくなっている。

気に食わないところ
・ハンドルのシルバー部分はツヤ有りの塗装。ハンドルを回したときプラスチック部分に手が当たりおもちゃ感がある。
・リヤドアハンドルはCピラーと一体化して使いにくくなった。後方視界もさらに悪くなった。
・リアハッチを開けるためのくぼみがデザインを損なっている。
・バックカメラの飛び出しがダサい。
・メーターの針が下から始まる(8時ぐらいの位置から10時ぐらいの位置で動くのが個人的に好み)
・オプションのラゲッジアンダートレー(ラゲッジボード付)を付けないとリアシートを倒したときフラットなラゲッジスペースにならない。
・マップランプがなくなり、ルームランプと兼用になっている。
・SRSカーテンエアバッグはセーフティパッケージ装着車でなければついていない。
・オプションのハイドロフィリックミラーがブルーでなくなった。(写真では黄色っぽく見える)
・ナンバー灯が1灯になっている。(軽じゃあるまいし2灯が好み)
・ターボモデルにMTはなく、3気筒である。(4気筒が好み)
・燃料タンク容量が5L小さくなった。
・最低地上高が低くなった。(擦るじゃないか。グレードによっては車高調を組んでも30mmしか下げれない)
・純正オーディオがなくなった。
・フロント2スピーカーのみ。(ツイーターとリアはメーカーオプション)
・エアコンスイッチが従来と位置が変わって使いにくそう。
・カタログだと高級感のある内装だが、実車を見るとプラスチック感のまま。
・リアスポイラーのハイマウントストップランプ付近が黒い(樹脂?シール?)

展示車、カタログ、アクセサリーカタログ、ホームページを見ての個人的感想です。

何だかんだ言っても運転してみないと良さがわからないのがスイフトです。
試乗車が用意されるのを楽しみに待っています。
ナンバー灯消えるようにしたり暗くするのは問題があるので、ナンバー灯はLEDのままでカメラ側で対策を行います。

バンパーにナンバー灯が映る部分をマスキングテープでマーキングします。


透過率5%のスモークフィルムを貼り付けました。


ナンバー灯を点灯
地面がナンバー灯によって照らされ見えます。


ナンバー灯+バックランプ
かなり明るく見やすいです。


ナンバー灯+ストップランプ


ナンバー灯+バックランプ+ストップランプ


ナンバー灯の光を遮ることで実用的になりました。
スモークフィルムを貼り付ける前に脱脂を行っていなかったので3日程度で剥がれてきました。

もう少し貼り方を考えるか、スモークの塗装を行うか、マジックで真っ黒に塗りつぶすか、もう少し試行錯誤を行いたいと思います。

前のページ      次のページ
最近買ったもの

スイフトRSの助手席シート下に
設置して重低音を楽しんでます。
サブウーファー取り付け
最新コメント
[09/02 そんぴー]
[08/21 そんぴー]
[07/14 REI]
[06/07 ぞうさん]
最新トラックバック
欲しいものリスト

LEDファイバー付
プロジェクターヘッドライト(ブラック)



クスコに比べて取り付け簡単
OKUYAMA CARBING
ストラットタワーバー



迫力の吸気音
零1000 パワーチャンバー



かっこよくシフト周りを演出する
本物ドライカーボンパーツ
バーコード
スイフトRS 改造記録1

最高クラスの明るさを実現
全面発光LEDルームランプ
PIAA Spark MOON Multi A H-850
ルームランプLED化


マップランプに最適
全面発光LEDルームランプ
PIAA Spark MOON Multi B H-851
マップランプ追加 その1
マップランプ追加 その2
マップランプ追加 その3
マップランプ追加 その4
マップランプ追加 まとめ


現行BMWのような高級感のある光
スイフト専用フルLEDテールランプ
CRYSTALEYE レッドクリア
LEDテール コーキング
LEDテール 取り付け
ハイフラ修理


ポジションランプに使ってみよう
簡単ユーロ仕様
PIAA 超TERA Evolution H-522
ポジションLED化


車検対応範囲内で極限の青白光
純正HIDと変わらぬ明るさ
IPF SUPER HID X BULB XGH60
HID交換


気持ちいい重低音が響き渡る
スイフト XS/XL/XG/RS ZD72S用
柿本改 GT box 06&S
マフラー交換


ウインカーポジション化

スイフトRS 改造記録2

フォグランプは黄色でしょ
スイフトRS対応フォグランプ
IPF SUPER J BEAM DY 2400K H11



音が艶をまとい、リアルに響き渡る
17cmセパレート 2ウェイスピーカー
TS-C1720A
カロッツェリアのスピーカーに交換


劇的に臨場感が増し
迫力のある音楽が楽しめるキット
パワフルサウンドキットの中身
デッドニング作業


スタッドレスに交換

ワッペン取り付け

補助ミラー取り付け

レゾネーター塞ぎ
レゾネーター外し

USB熱暴走対策


エンブレム ブラックアウト


シート下などにも設置しやすい
レスポンス性に優れた重低音再生
carrozzeria TS-WX110A
サブウーファー取り付け
カウンター
プロフィール

【管理人】 アヤタツ
詳しいプロフィール

【ブログジャンル】 個人用覚書
当サイトについて
使っている洗車グッズ

スプレーして拭くだけ!
つるつるボディ♪
シュアラスター ゼロウォーター



ゼロウォーターの撥水タイプが登場
汚れがつきにくい撥水コーティング
シュアラスター ゼロウォータードロップ


フリーエリア
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
13 14 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者アナライズ
Copyright ©   無理なくカーライフを楽しみつつ、ゆるく普通に生きたい、わがままな人のだらだらメモ   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain
Powered by NINJA TOOLS
愛車
忍者ブログ [PR]
PR